健康な状態で受けるのが脱毛であり、怪我や傷のあるときには、完治をしてから施術を受けることです。エステの光や医療レーザーを無理に、怪我や傷のある場所に当ててしまうと、治りはもっと遅くなるからです。傷などがある場合であれば、無理やり照射をすることで、色素沈着を起こすことがあります。

色素沈着をすると、肌にシミやアザができやすいので、避けたほうが無難です。傷のある部分に直接照射をするのは控えるべきですが、程度によっては施術が可能なケースもあります。

ほとんど治っているケースや、古傷などの場合であれば、それほど問題にはならないです。傷などがまだ完治をしていないとき、もう少しで治るときには、照射をすると悪化することがあるので、気をつける必要があります。仕組みとしても黒い色をもつ色素に反応をするため、治りかけや古傷であっても、皮膚が黒いとその部分は、避けての照射になります。

もしも古傷などでも黒い皮膚の部分に照射をすると、熱の影響で皮膚が黒く変わることがあるので、皮膚の色の状態も気をつける必要はあります。利用をする脱毛施設によりましても、対応は異なる部分があります。

まさに今現在ひどい怪我をしている時には控えるものの、些細な状態や傷になっていなければ、相談しだいのこともあるので、相談をすることです。カウンセリングをするのがファーストステップ古傷とか治りかけなどは、スタッフとの話の中で聞いてみるといいです。